平磯海づり公園 – 神戸市の絶景釣りスポット

平磯海づり公園 - 神戸市の絶景釣りスポット 釣り場の概要 阪神間

神戸市に位置する「平磯海づり公園」は、紀伊水道から明石海峡大橋に至る絶景を背景に、心ゆたかに釣りを楽しむことができるスポットです。釣り場の長さは1,400mに及び、広大なエリアでゆったりとした釣りが可能です。園内には売店、軽食堂、トイレが完備されており、手ぶらでの訪問も可能です。また、約400台を収容する駐車場も完備されています。

  1. 釣ることが出来る魚の種類
    1. メバル
      1. メバルの習性と生態について
      2. メバルを釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. アタリの見極め方法
      5. 釣れやすい時間帯の解説
      6. 釣りに必要な道具
    2. カサゴ
      1. カサゴの習性と生態について
      2. カサゴを釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. アタリの見極め方法
      5. 釣れやすい時間帯の解説
      6. 釣りに必要な道具
    3. 鰺(アジ)
      1. 鰺の習性と生態について
      2. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
    4. イワシ
      1. イワシの習性と生態について
      2. イワシを釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. アタリの見極め方法
      5. 釣れやすい時間帯の解説
      6. 釣りに必要な道具
    5. ハマチ
      1. ハマチの習性と生態について
      2. ハマチを釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. アタリの見極め方法
      5. 釣れやすい時間帯の解説
      6. 釣りに必要な道具
    6. タチウオ
      1. タチウオの習性と生態について
      2. タチウオを釣る方法とその方法についての解説
      3. よく釣れる場所についての解説
      4. アタリの見極め方法
      5. 釣れやすい時間帯の解説
      6. 釣りに必要な道具
    7. アイナメの習性と生態について
      1. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      2. よく釣れる場所についての解説
      3. アタリの見極め方法
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
    8. コッパメジナの習性と生態について
      1. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      2. よく釣れる場所についての解説
      3. アタリの見極め方法
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
    9. カワハギの習性と生態について
      1. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      2. よく釣れる場所についての解説
      3. アタリの見極め方法
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
    10. シロギスの習性と生態について
      1. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      2. よく釣れる場所についての解説
      3. アタリの見極め方法
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
    11. キュウセンの習性と生態について
      1. 魚を釣る方法とその方法についての解説
      2. よく釣れる場所についての解説
      3. アタリの見極め方法
      4. 釣れやすい時間帯の解説
      5. 釣りに必要な道具
  2. まとめ

釣ることが出来る魚の種類

メバル

メバルの習性と生態について

メバルは夜行性の魚で、岩場を中心に生息しています。小型の甲殻類や小魚を食べる肉食性で、春になると産卵のために水深の浅い場所に集まる特性があります。

メバルを釣る方法とその方法についての解説

メバルはルアー釣りやエサ釣りで狙うことができます。ルアー釣りでは、小型のミノーやジグヘッドなどを使用します。エサ釣りでは、エビやワームを使用し、底付近に狙って投げます。

よく釣れる場所についての解説

メバルは岩場や磯周辺が主な生息域です。特に、波打ち際や湾内、港周辺などの水深が浅い場所が好みます。

アタリの見極め方法

メバルのアタリは微妙であり、軽い引きが感じられることが多いです。エサがなくなることが多いので、定期的にエサ確認をしましょう。

釣れやすい時間帯の解説

メバルは夜行性の魚で、特に夕方から深夜にかけて活動が活発となります。また、潮が動き出す大潮の時期も釣果が上がりやすいです。

釣りに必要な道具

メバル釣りには、軽量なロッドとリール、ルアーまたはエサ、そしてリーダーとフックが必要です。特にメバル用の小型ルアーや、生のエビが好物のメバルを釣る際には鮮度の良いエサが必要となります。


カサゴ

カサゴの習性と生態について

カサゴは岩礁や砂底など海底に生息する魚で、体長は20cm程度と小型です。身体の色彩は環境により変化し、その豊富な種類が魅力となっています。主に夜行性で、日中は岩陰や砂底に潜んでいることが多いです。

カサゴを釣る方法とその方法についての解説

カサゴは底物釣りで狙うのが一般的で、主にウキ釣りや投げ釣りが行われます。仕掛けは底に沈むようにおもりをつけ、エサはエビやイソメなどを使用します。また、カサゴは獰猛な肉食魚であるため、ルアーを使用した釣りも可能です。

よく釣れる場所についての解説

カサゴは岩礁や砂地の海底に生息していますので、そのような環境のある場所が良い釣り場となります。特に海岸の岩場や防波堤、人工的な構造物周辺に多く生息しています。

アタリの見極め方法

カサゴのアタリは一瞬で、エサを一気に吸い込んだ後すぐに潜ろうとするため、竿先が急に引っ張られるような感じになります。この瞬間を見逃さずに合わせを入れることが大切です。

釣れやすい時間帯の解説

カサゴは夜行性のため、夜から明け方にかけて活動が活発になります。特に満潮時や、大潮の干潮直後などの時間帯が釣れやすいとされています。

釣りに必要な道具

カサゴ釣りには、ロッド、リール、ライン、仕掛け、エサが必要です。ロッドは中〜小型のもので、リールはスピニングリールが適しています。ラインはPEラインやナイロンラインが良いでしょう。仕掛けは底物用のものを選び、エサは生エビやイソメなどを用意しましょう。


鰺(アジ)

鰺の習性と生態について

鰺(アジ)はスズキ目・アジ科に分類される魚で、全世界の熱帯・温帯海域に広く分布しています。日本では一年を通して釣ることができ、特に春から秋にかけての活性が高まります。また、若鰺(ワカシ)と呼ばれる小鰺は、沿岸部の磯や港湾、エビ網などに集まることが特徴です。

魚を釣る方法とその方法についての解説

鰺の釣り方は様々ですが、人気なのはルアーフィッシングとエサ釣りです。ルアーフィッシングでは、小型のミノーやメタルジグを使用します。投げて巻くだけのシンプルな方法から、根掛かりを避けながら地形を読み取るテクニカルな方法まで、様々なテクニックを楽しむことができます。また、エサ釣りでは、イワシやサバなどの小魚や、エビを使うことが一般的です。この場合、ポイントとなるのは、エサを魚の口元に持っていくこと。流れや風、魚の居場所を見極めてキャストしましょう。

よく釣れる場所についての解説

鰺は沿岸部から沖磯、さらには沖堤防など、多種多様な場所で釣ることが可能です。特に、堤防の足元や、夜間にライトアップされたエリアは魚の集まるポイントとして知られています。また、漁港や磯辺、川口といった場所でも、よく見かけることができます。海の状況や季節、時間帯により、適した場所は変わるので、その日の状況を見ながらポイント選びをすることが重要です。

釣れやすい時間帯の解説

鰺は一日のうちでも、特に早朝と夕方に活発に活動します。これは、魚が餌を求めて活動する「喰い気」が高まる時間帯と一致します。夜間にライトアップされた場所では、夜釣りでも良い成果を得ることができます。しかし、天候や季節、潮の状況などにより最適な時間帯は変わるので、それらの要素を考慮に入れて釣行計画を立てることが推奨されます。

釣りに必要な道具

鰺釣りに必要な主な道具は、ロッド、リール、ライン、ルアーまたはエサ、そしてハリです。ロッドは、鰺のサイズや釣り場の状況に応じて選びます。堤防からの釣りでは中~長尺のロッドが適しており、船からの釣りでは短尺のロッドが便利です。リールに関しては、スピニングリールが最も一般的です。ラインは、PEラインやナイロンラインがよく使用されます。そして最後に、ルアー釣りの場合は適切なルアーを、エサ釣りの場合はエサと適切なサイズのハリを選びましょう。


イワシ

イワシの習性と生態について

イワシは世界中の海に広く分布し、特に暖海性であることが特徴です。体長は15cmほどで、銀色の体と青い背中が特徴的です。また、大きな群れを作り、水面近くで活動するため、釣り人にとっては大変魅力的な対象となっています。

イワシを釣る方法とその方法についての解説

イワシの釣り方は様々ありますが、一般的にはサビキ釣りが行われます。小型のフックに、細かなフェザーなどのルアーを配したサビキ仕掛けを使用し、魚群を見つけてから広範囲に投げ入れます。エサを付けて釣ることもありますが、イワシは群れで行動するため、ルアーだけでも十分に反応します。

よく釣れる場所についての解説

イワシは温暖な海域を好み、浅瀬から深海まで広範囲に生息しています。特に岸壁や堤防、沖磯などから良く釣れます。また、海上で見かける鳥の群れの下や、海面に浮かぶ魚影の下は、イワシの群れがいる可能性が高い場所です。

アタリの見極め方法

イワシのアタリは小さく、竿先がピクピクと微妙に震えるのが特徴です。しかし、一度に多数のイワシがアタると、その重みで竿が大きく曲がることもあります。重要なのは、小さなアタリでもすぐに気付き、反応することです。

釣れやすい時間帯の解説

イワシは日中でも釣れますが、特に早朝や夕方、夜間に活動が活発になります。この時間帯は海面近くに餌が集まるため、イワシもそれに続いて活動します。特に夜間はライトに集まるイワシを狙うのが一般的です。

釣りに必要な道具

イワシ釣りに必要な道具は、ロッド、リール、ライン、そしてサビキ仕掛けです。ロッドは中型でも十分ですが、大型のイワシを狙う場合は、ややパワーのあるものを選ぶと良いでしょう。リールは小型のスピニングリールが適しています。ラインは、PEラインやフロロカーボンラインがおすすめです。そしてサビキ仕掛けは、イワシが好む色や形のものを選びましょう。


ハマチ

ハマチの習性と生態について

ハマチは、ブリの若魚としても知られ、温暖な海域に広く分布しています。彼らは主に表層から中層にかけて生息し、小魚や甲殻類を主食としています。成長すると大型の魚となり、体長1mを超えることもあります。

ハマチを釣る方法とその方法についての解説

ハマチはルアーや生餌での釣りが人気です。特にショアジギングやポッピングでの釣果が期待できます。また、船釣りではタイラバやジギングが効果的です。ハマチはアグレッシブな性格を持っているため、動きのあるルアーやジグを好みます。

よく釣れる場所についての解説

ハマチは岩礁や沖縄のサンゴ礁、港周辺など、餌魚が多い場所を好みます。特に水深の変化がある場所や、潮の流れが速いポイントは有望です。

アタリの見極め方法

ハマチのアタリは非常に強烈で、ルアーを攻撃する際の強い引きを感じることができます。リールのドラグが鳴ることもしばしば。アタリを感じたら迷わず合わせを入れることが大切です。

釣れやすい時間帯の解説

ハマチは昼夜を問わず活動的ですが、特に早朝や夕方、夜間に活性が高まる傾向があります。また、新月や満月の周辺は大潮となり、潮の流れが速くなるため、この時期が狙い目となります。

釣りに必要な道具

ハマチをターゲットとする場合、中から大型の魚種を対象とするロッドとリール、そして30lbから50lbのPEラインが推奨されます。ショアジギングの場合は、90gから150gのジグを使用し、ポッピングでは大型のポッパーやスティックベイトを用意すると良いでしょう。


タチウオ

タチウオの習性と生態について

タチウオは太平洋や日本海を中心に広く分布する大型の肉食魚で、特に冬季になると各地の沿岸に大群が現れます。また、水深や時間帯に応じて泳層を変える特性があり、昼間は海底近く、夜間は水面近くで活動することが知られています。

タチウオを釣る方法とその方法についての解説

タチウオの釣り方は、ジギングやエギングなどの方法があります。ジギングではメタルジグを使用し、独特のジャークとフォールを繰り返してタチウオを誘います。また、エギングでは、エギと呼ばれる独特のルアーを使用してタチウオを釣ることができます。

よく釣れる場所についての解説

タチウオは、海上や沖合いの浅場、または岩礁周辺などでよく釣れます。また、冬季になると沿岸部に近づくため、この時期には港周辺や岸壁からでも狙うことができます。

アタリの見極め方法

タチウオのアタリは、ルアーが水中で停止した瞬間や、フォール中に感じることが多いです。竿先に突然の重みを感じたら、すぐにアワセを入れることが大切です。

釣れやすい時間帯の解説

タチウオは夜行性の傾向が強いため、夕方から夜間、または早朝が釣りやすい時間帯とされています。また、昼間でも曇天や雨天時に活動することが多いため、天候を見極めることも重要です。

釣りに必要な道具

タチウオ釣りには、ジギングやエギング用のロッドとリール、そして適切な重さのメタルジグやエギが必要です。また、タチウオの大型化を見越して、高強度のラインやリーダーを選ぶこともおすすめします。


アイナメの習性と生態について

アイナメは底生魚の一種で、砂地や泥地に生息しています。夜行性で、昼間は岩の隙間や海底の穴に隠れており、夜になると餌を求めて活動します。主な餌は小魚や甲殻類です。

魚を釣る方法とその方法についての解説

アイナメは、エサ釣りが主な方法となっています。アミエビやワーム、イソメを使って、底を取ることでアイナメを狙います。また、ジギングやティップランでの攻略も効果的です。

よく釣れる場所についての解説

アイナメは砂地や泥地に生息しているため、砂浜や河口域、堤防の足元、岩場の淵などが良いポイントとされています。

アタリの見極め方法

アイナメのアタリは重めで、竿先がしっかりと沈むことが多いです。しかし、控えめなアタリを示すこともあるため、焦らず確実にフッキングを心掛けましょう。

釣れやすい時間帯の解説

アイナメは夜行性のため、夜や明け方が釣れやすい時間帯とされています。特に、新月や満月の夜は活動が活発となり、釣果が上がりやすいです。

釣りに必要な道具

  • 竿:中物用のスピニングロッド
  • リール:2500~4000番台のスピニングリール
  • ライン:8-16lbのフロロカーボンライン
  • エサ:アミエビ、ワーム、イソメ
  • その他:ハリス、フック、シンカーなど

コッパメジナの習性と生態について

コッパメジナは岩礁域を好む魚で、特に波の打ち寄せる岩場や磯に多く生息しています。草食性が強く、海藻を主食としますが、小魚や甲殻類も摂取します。

魚を釣る方法とその方法についての解説

コッパメジナは、磯釣りの主要なターゲットとなる魚の一つです。エサ釣りが主流で、アオイソメやサワラの切り身を使います。リアクションバイトを狙う場合は、メタルジグやミノーも効果的です。

よく釣れる場所についての解説

コッパメジナは岩場や磯の浅場、海藻が多い場所を好みます。特に、波の影響を受けやすい場所や流れが強い場所は良いポイントとされています。

アタリの見極め方法

コッパメジナのアタリは控えめなものから強烈なものまで様々です。重いアタリの後にラインが弛む場合や、軽いトゥクトゥクとしたアタリが続く場合など、様々なアタリの見極めが求められます。

釣れやすい時間帯の解説

コッパメジナは日中でもよく活動するため、明け方から昼間にかけての時間帯が釣れやすいとされています。ただし、天気や潮の状態によっても活性が変わるため、潮周りや潮の流れをしっかりとチェックすることが大切です。

釣りに必要な道具

  • 竿:磯釣り専用のロッド
  • リール:4000~6000番台のスピニングリール
  • ライン:10-20lbのナイロンラインまたはフロロカーボンライン
  • エサ:アオイソメ、サワラの切り身
  • その他:ハリス、フック、シンカー、浮きなど

カワハギの習性と生態について

カワハギは沿岸部の砂地や泥地に生息する魚で、特に冬に活発になります。小魚や甲殻類を食べることから、強い顎と独特の歯を持っており、シェルフィッシュの硬い殻を割る能力があります。

魚を釣る方法とその方法についての解説

カワハギの釣りは、エサ釣りが主流となります。特に、アオイソメやカタクチイワシの切り身を利用することが多いです。エサを付けたフックを底付近に落とし、じっくりと待つことでアタリを感じることができます。

よく釣れる場所についての解説

カワハギは沿岸部の砂地や泥地を好みます。特に、磯の近くの深場や、内湾の砂泥地に多く生息しています。ポイント選びの際には、底地の状態や水深を考慮すると良いでしょう。

アタリの見極め方法

カワハギのアタリは非常にデリケートです。軽いトゥクトゥクとしたアタリが多く、焦らずゆっくりと合わせを取ることがポイントとなります。合わせが早すぎると、エサを奪われるだけで終わることが多いので注意が必要です。

釣れやすい時間帯の解説

カワハギは日中に活動することが多いため、午前中から午後にかけての時間帯が有効とされています。特に、潮の動きが穏やかな時間帯にアクティブになることが知られています。

釣りに必要な道具

  • 竿:エサ釣り専用のロッド、中型のものがおすすめ
  • リール:2000~4000番台のスピニングリール
  • ライン:8-16lbのナイロンラインまたはフロロカーボンライン
  • エサ:アオイソメ、カタクチイワシの切り身
  • その他:ハリス、フック、シンカー、仕掛けなど

シロギスの習性と生態について

シロギスは砂地を好む底生魚で、日本の海岸線沿いに広く分布しています。夏季に産卵を行うことから、この時期には特に多くの個体を見ることができます。主食としては小魚やプランクトンを摂取します。

魚を釣る方法とその方法についての解説

シロギスの釣りはエサ釣りが主流であり、細長い竿と細いラインを使用して、砂地の底付近で狙います。エサとしては、ミミズやアオイソメが効果的です。エサを付けたフックを底近くに落とし、待ち釣りスタイルでアタリを待つのが基本です。

よく釣れる場所についての解説

シロギスは砂浜や砂地のある沿岸部に生息しています。そのため、浜辺や堤防の砂地帯、河口付近などが釣りやすいポイントとなります。

アタリの見極め方法

シロギスのアタリは軽く、繊細に感じることが多いです。細かく引っ張られるようなアタリや、竿先が軽く引き込まれる感触に注意し、焦らず確実に合わせることが必要です。

釣れやすい時間帯の解説

シロギスは昼夜を問わず活動する魚であり、特に早朝や夕方、夜間が釣れやすい時間帯となります。また、潮が良く動く時間帯も効果的です。

釣りに必要な道具

  • 竿:エサ釣り用の軽量なロッド
  • リール:1000~2000番台のスピニングリール
  • ライン:2-6lbのナイロンライン
  • エサ:ミミズ、アオイソメ
  • その他:細目のフック、シンカー、仕掛けなど

キュウセンの習性と生態について

キュウセンは色鮮やかで美しい魚として知られ、熱帯から亜熱帯域の岩礁域やサンゴ礁に生息しています。体側には9本の黒い縦線が入るのが特徴で、主に小魚や甲殻類を食べます。

魚を釣る方法とその方法についての解説

キュウセンの釣りはルアー釣りやエサ釣りが一般的です。特に、小型のミノールアーやシュリンプパターンのフライでの釣りが効果的です。エサとしては、生のエビやワームが好まれます。

よく釣れる場所についての解説

キュウセンは岩礁やサンゴ礁が豊富な場所に生息しています。砂地の隣接する岩場やサンゴの隙間、水深が浅いリーフのエッジなどが狙い目のポイントとなります。

アタリの見極め方法

キュウセンのアタリは繊細なため、細やかなタックルを用いることで確実に感じ取ることが可能です。リーダーやラインの微細な動き、ルアーのアクションの変化に注目しましょう。

釣れやすい時間帯の解説

キュウセンは太陽が高い時間帯に活動的で、特に早朝や午後の涼しい時間帯が釣れやすいとされています。しかし、天気や潮の動きも影響しますので、その日の条件を考慮することが重要です。

釣りに必要な道具

  • 竿:軽量で繊細なアクションのロッド
  • リール:1000~2000番台のスピニングリール
  • ライン:2-6lbのナイロンラインまたはPEライン
  • ルアー:小型のミノールアーやフライ
  • エサ:生のエビ、ワーム
  • その他:細目のフック、軽量のジグヘッド、リーダーなど

まとめ

「平磯海づり公園」は、神戸市にある絶景の釣りスポットとして多くの釣り師に愛されています。広大な釣り場面積を誇り、様々な魚種を狙うことができるのが魅力です。また、施設内には充実した設備が整っており、家族連れや初心者でも気軽に楽しむことができます。この記事を参考に、ぜひ平磯海づり公園での釣りを楽しんでください。